歯医者さんがおすすめするガム

最近、歯医者さんで「ガムを噛もう」とおすすめしているところがあります。



ガムというと、甘くて逆に虫歯の原因となると禁止されるように感じますが、実は違うのです。



最近のガムは虫歯予防対策がされているものが多く、その理由にはガムに含まれる成分や咀嚼することにあります。



噛むことは特に子供には顎の発達に効果があるとされ、また満腹中枢を刺激するので空腹感を感じづらく肥満防止につながります。



さらに、咀嚼することで唾液の分泌を活発にさせます。



唾液には歯に付いた汚れを洗い落とし、歯の表面をコーティングする役目を持っています。

また食べ物を摂取したことによって口の中が酸性になっているのを、唾液が中和することで歯を酸が溶かすことを防ぐという効果もあります。現在売られているガムにはキシリトールが配合されるようになり、このキシリトールが歯に付いた歯垢を減らし、虫歯の原因とされるミュータンス菌を減少させる効果が期待されています。


他にも、フラノンとリン酸カルシウムという成分が、お互いの相乗効果で歯の再石灰化を助けてくれます。



このような理由から、歯医者さんがキシリトール入りのガムをおすすめしています。



最近では、ガムにも特定保健用食品マークの付いたものも登場しています。

例えば「CPP-ACP」という成分がありますが、これは牛乳に含まれるたんぱく質から作られたもので、虫歯の始まりである脱灰を抑制して、再石灰化や耐酸性を増強する働きがあります。これを配合することで、歯が丈夫になり健康な体づくりに役立つことから、特定保健用食品に指定されています。
歯医者さんではこのマークのガムもおすすめしているので、色々な種類から選ぶことができ、美味しく虫歯予防ができます。



関連リンク

歯医者さんがおすすめするガム

最近、歯医者さんで「ガムを噛もう」とおすすめしているところがあります。ガムというと、甘くて逆に虫歯の原因となると禁止されるように感じますが、実は違うのです。...

more

こんな歯医者だったらおすすめしたい

生まれてからこれまで、一度も歯医者に行ったことがないという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。歯医者は、それほど多くの人が利用するものです。...

more